上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
香南市教育委員会では、広く市民のみなさまに海に親しんでいただくため、バリアフリーヨット“アクセスディンギー”を3艇導入しました。
誰でも安全に操作できるヨットですので、今後市民のみなさまに活用してもらうため、また導入したヨットの安全航海を祈願するために、進水式と体験セーリングを開催します。
興味のある方なら、どなたでも参加できますので、ぜひお越し下さい

日時:平成21年11月7日(土) 10:00~12:00

場所:香南市マリンスポーツ施設 シースポ (香南市夜須町千切536-19)

香南市マリンスポーツ施設シースポでは、高知県障害者スポーツセンターが主催する “障害者ヨット教室” が毎年、年間4回程度開催されています。
昨年からは、香南市社会福祉協議会と施設を管理するNPO法人YASU海の駅クラブが協力し、香南市内の障がいのある方のためにマリンスポーツデイを設定し、アクセスディンギーやカヤックをいっしょに楽しんでいます

アクセスディンギーとは・・・
オーストラリアで開発された小型ヨットイスに座るように乗船し、帆の調節、舵とりがすべて手元でできるように設計されています。また、船体中央に取り付けられた重りの効果で、強い風が吹いても船の安定を保つ仕組みになっています。
スポンサーサイト
地域活動支援センターあけぼのでおこなっている日中活動のひとつに“散策”があります。
今回の散策では、香我美町山北にある“土佐の高知のくだもの畑”に行きます
その際に持っていくお弁当をいっしょにつくってくれる方と、障がいのある方といっしょにみかん畑を散策してくれる方を募集しています。
よろしくおねがいします。いっしょに楽しみましょう

日時:平成21年11月13日(金) 
      お弁当づくり 8:30~10:00 散策 10:30~15:00

場所:お弁当づくり・・・香南市夜須町福祉センター2階 調理室
      散策・・・香南市香我美町山北 土佐の高知のくだもの畑

内容:①お弁当づくり(おにぎり・卵焼き・ウィンナー)
      ②障がいのある方といっしょにみかん畑を散策
      ※どちらかだけでも構いません。
      ※ボランティアさんのみかん畑入園料とお弁当代は、あけぼので負担します。

連絡先:地域活動支援センターあけぼの 担当:吉岡
        香南市夜須町坪井16番地 夜須福祉センター2階
        TEL(0887)57-7180 FAX(0887)57-7181
        E・Mail:chiikika@mb.inforyoma.or.jp

        香南市ボランティアセンター 担当:小川
        TEL(0887)57-7300 FAX(0887)57-7305
        E・Mail:vc-genki@mxi.netwave.or.jp
2009.10.28
すっかりひさしぶりの更新・・・
実は、先週から風邪をひいており、獣のような声とぬるま湯のようにぼやぁっとした頭でアチコチ行っていたら、みごとに悪化させ、週明け2日間お休みをいただいておりました
休みをもらい、南の風診療所を受診。
ひさしぶりに今井せんせい、有澤さん、仲さんにお会いして、ちょっぴりゲンキになりました
今井せんせいが「おがわさんのブログを見て、この診療所を知ったって患者さんが来てたよ~」と、かなりびっくり!なことを。ブログってすごいなぁ・・・ブログ見てくれてるひとがいるんだぁ・・・と、うれしく思いました。
ちょっぴり私事ですが、有澤さん、仲さんは、前にも書きましたが、わたしのあこがれの先輩で、有澤さんはきのうも来院された方にやさしく声かけしていました。体調の悪いときにやさしく接してもらうとうれしいですよね
さて、先週は、NPOと市町村との意見交換会や高知県社会福祉大会に参加
NPOと市町村との意見交換会では、高知大 上田教授が地域振興のためには、地域のチカラが最重要であり、そのためには、オモイと行動力のあるNPOと連携することが有力な手段であると熱くお話されていました。
そして、東部ボランティア・NPO交流会、高知東海岸町並みネットワーク、YASU海の駅クラブからの取組み報告実際に、地域と協同し、活動されているお話を聞くことができました。
高知県社会福祉大会では、香南市の民生委員さんが多数知事表彰をいただきました。共同募金会からは、香南市内の小学校が多数表彰されました。代表で野市東小学校の児童が出席していたのですが、児童の緊張している様子がなんとも初々しく、なんだかほんわかした気分になりました

逕サ蜒・H20鬥吝漉蟶よー大鵠騾」蜷育?比ソョ・・002_convert_20091029175056   逕サ蜒・H20鬥吝漉蟶よー大鵠騾」蜷育?比ソョ・・004_convert_20091029175205

やっぱり表彰されたり、誰かに認めてもらうってうれしいものですね♪♪
2009.10.19
私事ですが、昨日、保育園に通うめいっこの遠足にいってきました
場所は、香美市土佐山田町の鏡野公園。
鏡野公園では、かかしまつりが、おとなり高知工科大学では、大学祭がおこなわれており、とてもにぎやかでした
のんびりかかしを眺めていると、野市小学校放課後クラブが出品したかかしを発見!!
“おぉ~、上手に作ってるなぁ♪”と、ぼやぁっと眺めていると、「おがわさん??」と声が・・・
振り向くと、香南市社協デイサービスみかんの里の栄養士足達さん
香我美町のあったかふれあいセンターの利用者さんと職員で作ったかかしを見に来たとのこと。

DSCF0974_convert_20091020173643.jpg   DSCF0973_convert_20091020173753.jpg
      野市小学校放課後クラブ作               あったかふれあいセンター作

どちらも上手に作ってますね~♪♪
この巨大かぼちゃは、みかんの里の裏の畑で収穫育ってますね(笑)
このかかし、おまつりのあとは、あったかふれあいセンターにやってくるそうです。
さてさて、きょうは、高知とんぼの会 山本典判さん、大井美恵子さんをお招きし、傾聴ボランティア講習会を開催
この会は、以前香南市内の施設を訪問した際、傾聴ボランティアさんに来てもらいたいというニーズが多くあったこと、傾聴について学んでみたいという地域の方からの声により開催することになりました。
きょうは、実際の活動のお話を交えながら、傾聴とはどういうことかお話していただきました。
日常生活でのコミュニケーション力UPにも繋がるお話で、ナルホドと思うことがたくさん。
“家族間では、傾聴の技術はあんまり役に立たないですね~”なんてお話もあり、みなさん笑いと頷き(笑)
お話のあとは、グループに分かれ、自由にディスカッション。
各グループ、お話も盛り上がり、楽しく学ぶことができました。参加者の方から、“もっと深く学び、実際に傾聴ボランティアとして活動したい” とうれしい声もあり、次へ繋げなければいけないと実感しました。
終了後、きょうお手伝いいただいた香南市包括大原さんとプチ反省会・・・というか、わたしのこの1年間の反省会。お話するとながぁ~くなるので、これはまたの機会に。
お忙しい中、お越しいただいた高知とんぼの会のみなさん、楽しいお話をありがとうございました
そして、今回、開催にあたってご協力いただいたこうなん図書館クラブの山中さん、本当にありがとうございました。
いろんな方に助けられてるなぁと日々感じます
2009.10.14
きょうは午前中、赤い羽根共同募金の受付のため、のいちふれあいセンターへ
午前中は、来られる方も少なく、静かに過ごしました。
きのう参加したキャラバンメイト養成研修の見直しをしたり、来月予定の野市町民生委員児童委員協議会 視察研修の案内や依頼文書を作成したり。
さて、きのう参加したキャラバンメイト養成研修のお話をすこし・・・
午前は、認知症についての学習と、グループホーム職員の方の事例を交えながら、対応についてのお話。学生の頃、こんなふうに認知症について学んだなぁと思いながら、種類と症状について曖昧になっている自分に気付き、記憶の容量のちびっこさに落胆
午後からは、グループワーク。実際に認知症サポーター養成講座の企画を
企画する際、“誰を対象におこなうのか、その対象によって学んでほしいことがちがってくる”というお話を聞いて、ポイントを見極めるって大切なことやなぁと、改めて感じました。
それって福祉教育や、いろんな研修にも繋がることですよね。
何を感じて、何を得るのか、それをどんなふうに活かしていくのか、目的をしっかり持つことで次へ進む道ができるんやなぁと。
ブジ研修が終了し、中央東福祉保健所 濱田さんから、“これで晴れてサポーター養成講座開けるね~”と言われ、ニヤッと、うれしくなりました
ひとりでは不安なので、きょういっしょにキャラバンメイトとなった香南市包括の大原さんと、なにかいっしょにできたら楽しいなぁ♪♪と、思案しております。
2009.10.13
お出かけ日和の3連休でしたね
わたしも暦どおりのお休みでした♪♪
土曜日は、弁天座でおこなわれた“胡弓で奏でる心の旋律”のお手伝いに
はじめてお会いする方がほとんどだったのですが、みなさん親切で、気軽に話しかけてくださり、楽しく過ごすことができました
なにより、胡弓の演奏を間近で観ることができ、感動でした。
しかも、奏者の木場大輔さんが男前で、楽しさ倍増(笑)
実は、受付のお手伝いをしていると、おどろくことにものすごぉく知った顔が・・・
「おかあさん!!」
うちの母親が観にきていたのでした。びっくり!
最近、連絡を取っていなかったもので、お互いきょう来ることを知らず。
偶然・・・
この休日は、偶然、思わぬ方にお会いすることが多く、10~11日にかけ、城西公園で“リレーフォーライフ”というガンと闘う方を応援するイベントがあり、高知市内のある訪問看護ステーションの方と1年ぶりの再会を果たしました
日曜には、近所を散歩していたところ、前から、県ボランティア・NPOセンター半田さんが!!
「チャイルドラインの講座に呼ばれて・・・」と自転車で颯爽と去っていきました
その後、散歩を続けていると、伊野南小学校 中野せんせいにお会いし、こんな休みはめずらしいなぁと思ったことです。
思わぬ方に、思わぬところで会うとなんだかうれしいですよね
さて、しっかり休みを楽しんだので、今週も頑張りましょう♪♪
2009.10.09
きょうは、災害時要援護者支援に関する研修会に市役所の方と参加
愛媛県新居浜市の取組みの講演のあと、各市町村の取組み状況についての報告がありました。
香南市では、今年度末を目標に要援護者台帳の作成をしています。香南市5町のうち、野市町、香我美町は完成しており、今後 情報更新の方法や、行政ではデータ管理の方法、どの組織まで台帳を共有して管理するか等、まだ検討段階です。
大豊町や土佐町では、“コミュニティが活きているので、台帳を作成しなくてもよいという意見が多く、取組んでいない”とのこと。
地域力やなぁ・・・
いっしょに参加していた香南市福祉事務所の副所長さんとも、“しっかりと地域のつながりがあるっていいね~”とお話したことです。
でも、むかしは当たり前のことやったんですよね・・・地域同士のつながりが希薄になるって、なんだかさみしいですね。
お昼過ぎに、おなかを空かせた谷脇さんと共同募金の受付の交代
領収書の書き方の問合せが何件かあっただけで、のんびりと時間が過ぎました。
夕方からは、傾聴ボランティア講習会の案内を持って、野市のグループホームと、香我美あったかふれあいセンターへ
ひさしぶりにお会いする施設の方に “ゲンキで頑張ってる~??” と言われ、ニコニコに
あったかふれあいセンターとデイサービスみかんの里では、今週、運動会weekやったそうです。
もうちょっとはやく行ってたら、いっしょに参加できたのに残念・・・
さて、物好きなわたし、あしたは絵金蔵主催の胡弓のイベントのお手伝いに行ってきます
2009.10.08
台風が去り、ひさしぶりの青空となりましたねきもちいいです♪♪
今月に入り、交代で のいちふれあいセンターに行き、共同募金の受付をしています。
行ったり来たりということで、ちょっとバタバタな毎日デス・・・
きょうは、午前中 のいちふれあいセンターへ。
募金の受付をしながら、月末に発送する大口募金の準備をしたり、高知県社会福祉大会の出席者名簿とバス運行表をつくったり、野市町民生委員さんが来てお話したり・・・
実は、ふれあいセンターにいる間に着実に仕事がたまっています
パソコンを持ち込んで、仕事をしてはいるのですが、印刷ができない、落ち着いて電話ができない、メールチェックもできない。そして、超旧バージョンのパソコンのためUSBが使えない・・・
以上、グチでした(笑)
その分、いつもお世話になっている福祉事務所の方とゆっくりお話できたり、ごく稀に、市役所に勤める小学校時代の同級生が小動物のように現れて、ちょっぴりわたしを癒してくれたり、サロンの利用者さんやいろんな方がにぎやかに出入りするのを眺めたり・・・
たまにはいいかな
社協事務局に帰ると、吉川町担当の村井さんに、「おがわさん、なんか疲れてる??」と言われてしまい・・・
鏡を見ると、目の下にクッキリとクマが・・・
そして、さいきん目の下のシワが気になります。
年頃なのに~(笑)
きょうは、はやく帰って、とにかく寝ようとおもいます。
2009.10.06
すこし肌寒くなってきましたね。
きょうは、“社協職員のための福祉教育・ボランティア学習”に参加
南国市、日高村、土佐町の3社協の福祉教育の実践発表と、伊野南小学校中野先生から学校側のお話に、グループワークでは、各社協の現在の取組みと課題、それをクリアするためにどうするかを話し合いました。
中野先生からは、普段聞くことのできない学校の忙しさ、その忙しさの中で空いている時間や窓口となる先生は誰か、年間計画を立てるのはいつ頃か、などなど・・・具体的なお話を聞くことができ、“いいことを聞いた!”と思いました
3社協の取組みは、なんだかパワーと行動力やなぁと感じました。そして、やっぱりチームワークが大切なんだなぁと再確認デス!!
ひとりじゃ大変なことも誰かがいっしょなら、チカラもアイデアも倍増しますからね
そして、やっぱり“オモイの共有”って大切ですよね。
“こんなことをしたい” “こんなふうになりたい” “こんなことできたら楽しいのに” とか・・・
まずは、オモイを発信することから。次にそれを共有する誰かを見つける。そして、いっしょにDO!デス。
きょう実践発表のあった3社協では、それがきっと当たり前のことなんだろうなぁと、お話をして感じました
社協職員となって、もうすぐ1年。はやくあんなふうになりたいと、あんなふうに発表できるなにかをしたいと思いました。
香南市ボランティアセンターでは、傾聴ボランティアについて学ぼうと、講習会を開催します

~傾聴ってどんなこと?~
傾聴とは、あたたかい心で相手の話に耳を傾けること。
心をこめて相手の話を聴くことで、不安をやわらげる、おもいを放ち心を軽くすることができる。そんな傾聴の技術は、ボランティア活動にとっても、日常の生活においても大切なことだと思います。
人とふれあうボランティア活動や日常の生活の中で、大切なコミュニケーション力。
傾聴=相手の話に耳を傾けるとはどういうことなのか、お話をもとにいっしょに考え、感じとりましょう。

日時:平成21年10月19日(月) 13:30~15:30
場所:のいちふれあいセンター 2階 第1、2研修室
講師:傾聴ボランティア高知とんぼの会 山本典判さん

興味のある方、お時間のある方、どなたでもお待ちしております
お申込み、お問合せは、
香南市ボランティアセンター 【TEL:(0887)57-7300・Mail:vc-genki@mxi.netwave.or.jp】
担当:小川まで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。