上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.31
行く先々で退職や異動のあいさつを受ける1日でした
お世話になった方々の異動が決まり、すこしメソメソしているわたしに “ 異動のおかげで新たなつながりができるよ ” と南国市社協の川竹次長が言ってくれました。
いつも笑わせてゲンキにしてくれる方がマジメにゲンキづけてくれました(笑)
あしたから新年度、キモチを新たに頑張ります!!

あす4月1日から、香我美町に加え、あったかふれあいセンターが香南市内各町にてはじまります
ちょっとのぞきに来るだけでもOKデス。ちょっとお茶飲みに来るだけでもOKデス。
ぜひ、あそびに来てください。

≪あったかふれあいセンター≫ 10:00~15:00
野市町:①のいちふれあいセンター (月・火・水) ②東部老人憩いの家 (木・金)
夜須町:夜須福祉センター (月~金)
吉川町・赤岡町:吉川総合センター (月~金)

※ あったかふれあいセンターとは・・・
  高齢の方やこどもたち、地域の方が誰でも自由に集えるところ。
  みんなでごはんを食べたり、おしゃべりしたり、ゲームをしたり・・・そんな交流の場です。

引続き、ボランティアさんも募集しています
詳細は、香南市ボランティアセンター(0887)57-7300 小川までお問合せください。
スポンサーサイト
2010.03.19
わたくしごとですが、ひっこしをしました。
年度末で締切のある仕事を溜め込んだまま、休みを取ってひっこし作業をおこない、そして、仕事を溜めています・・・
最近、また生活福祉資金の相談も多く、いつものわたしなら落ち気味になるところですが、いまは新居に浮かれておりキゲンよく過ごしています
キゲンよく過ごしていたおかげか、週末には “ 広報で食糧品提供のお願いを見た!! ” と香南市野市町の女性の方がお米を持って来てくださいました。
生活福祉資金の相談時、食べるものに困っているという方もおりますので、たいへん助かります。
大切に使わせていただきます。ありがとうございました
2010.03.16
きのうの午後は振休を取り、きょうはキゲンよく出勤したところ、机上に県社協から人事異動のお知らせのFAXが・・・
ぼんやり目を通していると、ギャッ
生活福祉資金のことでいつも相談している生活支援課の方が県派遣解除・・・
そして、ボランティア・NPOセンター所長の半田さんが異動に・・・
おふたりには、ほんとにいっぱいいっぱい話を聞いていただき、わたしのトンチンカンな発言にもやさしくおこたえいただいており、ものすごぉく頼りにしていたので、この朝一の衝撃にヤラれてしまいました
またいっしょにお仕事できたらいいなぁ・・・
さて、キモチを切り替え、午後から高知とんぼの会の方にお越しいただき、傾聴についての講習会を開催しました。
来年度、傾聴ボランティアのサークルづくりをしたいなぁと思っており、まずは傾聴とはどういうことか、ボランティアさんがどんな活動をしているか知ってもらおうと、たくさんの方に協力してもらい開催することができました。
33名と予想以上にたくさんの方に参加していただき、実際に活動してみたいという積極的な声もあり、朝一の衝撃にちょっぴり凹んでいましたが、この声を棄てたらいかんなと、やる気の復活デス!!
いつも思うことですが、ほんとにいろんな方に支えられてますね・・・ありがとうございます
2010.03.08
昨日の日曜は、福祉フォーラム “ 香南市から障害者施策を考える ” がのいちふれあいセンターで開催され、ボランティアセンターの紹介でおじゃましてきました。
“ 春休み中、1週間くらい社協でボランティアしたい!! ” と連絡のあった福祉専門学校の学生さんといっしょに気合いを入れて行ったのですが、ちょっとさみしいお客さんの入り具合
週末までのポカポカ陽気がウソのように、びゅーびゅーの冷たい風に、午後には雨が・・・
悪天候と、なにより宣伝不足のせいかな・・・と主催者さんとお話をしたことです。
お客さんが少なかったことで、わたしとボランティアさんとはいろいろお話でき、学校の話や目指していること、現場実習のことや就職活動のこと、バイトの話(ちびっこに運動をおしえるというバイトをしているそうです)まで聞くことができ、かなり楽しかったです
他にも、トーカイさんの福祉機器の展示を見たり、介護食の試食をしたりとキゲンよく過ごしました。
他の職員はみんな屋外で、なぜかうどん屋さん。
ボランティアさんとふたり、ボランティアセンターのブースやったのが、ちょっぴりさみしかったデス・・・
午後からは、事例発表とパネルディスカッションを聴きにホールへ移動。
学生さんからは、ちょっとむずかしかった・・・との感想。
地域のひと誰にでも、わかりやすい内容にすることって大切やなぁと思いました
もっともっといろんなひとに香南市の活動を知ってもらえたらいいなぁ・・・
2010.03.04
野市小学校で、 “ キャリアアップ学習 ” と言って、いろんなお仕事の話を聴くという授業があり、おじゃましてきました。
警察や消防、ケーキ屋さんにペットショップ、高校の先生、テレビ局のアナウンサーなど、いろんな職業の方が来ており、児童それぞれがお話を聴きたい方の教室へ
わたしもこどもたちに交ざって、山田高校の先生のお話を聴いてきました。
先生の学生時代のこと、教師になるまで~現在のこと、夢を実現させるためにどうするか・・・など。
強面のお顔から熱い話がどんどん出てきました。
“ 選択肢がいくつかあるときには、いちばんツラそうなことを選ぶ ”
“ ツラいことを乗り越えないひとは、しあわせにはなれない ”
さいきん、いろんなことでグズグズ言っていたわたし・・・この2つのお話にグッときてしまいました。
自分のオモイだけは、いつも忘れず、腐らせずにおることが大切やなぁと感じました。
きょう野市小学校で、わたしが小学6年生だった頃、となりのクラスの担任だった先生に再会
“ あのぉ・・・実はぁ・・・ ” と声をかけると、 “ きみかちゃんやぁ!! ” と言われ、(わたし、おがわきみかという名前なのです)なんだかはずかしくなりました(笑)
“ 社協でこんなことしたい!! ” という話をしたら、 “ いつでも相談に来てね。 ” と頼もしいお返事!!
こまったときには、いつも誰かが登場してくれますいつもありがとうございます。
2010.03.03
3月3日、おひなさまの日
きょうは、野市町のひとり暮らし高齢者の配食おべんとうの日でした。野市町担当の谷脇さんといっしょにお手伝いに行こうと予定していたところ、生活福祉資金の面談が長引いたため、行けず・・・ザンネン。
ひとり暮らし高齢者の配食おべんとうは、香南市各町、月1~3回、安否確認を兼ねて、民生児童委員さんに配達をお願いしています。
が!!きょうは・・・いつも忘れず来てくれる民生委員さんが来ない・・・連絡も取れない・・・なんてことがあったようで、おべんとうを持って谷脇さんが帰ってきました
その後、やっぱり民生委員さんと連絡が取れないので、名簿を見て、お届けにいってみようかということになり、地図でお届け先を確認。
若干迷いながらも、ブジ到着!!
お届け先のおばあちゃんからの “ まぁまぁ、ありがとう ” の一言と笑顔がうれしく、こちらまでニコニコ
お昼過ぎに、連絡の取れなかった民生委員さんから、“ おべんとうの日、忘れてた・・・配らないと!! ” との電話があり、ブジお届けした報告を。
地図を見ながら、こんなところに家が・・・こんなところに道が・・・と、まだまだ意外と知らない野市町やなぁと思ったことです。
2010.03.02
はやくも3月
あっという間に年度末デス。はやい・・・
先週末には、社会福祉大会もおわり、ほっと一息。谷脇さん、オツカレサマデシタ!!
きょうは、朝一で地域活動支援センターあけぼのの古和さん、吉岡さんが来所。
いつも楽しそうなイベントのお知らせをアリガトウゴザイマス!!
お声をかけていただくことで、わたしも仕事のモチベーションがあがるので、ありがたく思っています。

さて、あけぼのさんも参加される香南市福祉フォーラムのお知らせデス

“ 来てや、見てや、聞いてや、もっとやろや! ~香南市から障害者施策を考える~ ”
【日 時】 平成22年3月7日(日)10:00~16:00
【場 所】 のいちふれあいセンター (香南市野市町西野534-1)
【内 容】
○基調講演 10:30~12:00
 「ユニバーサルな支援と共に生きる社会をめざして~東松山市の取組みから~」
   曽根 直樹氏(東松山市社会福祉協議会・ひがしまつやま市総合福祉エリア施設長)
○パネルディスカッション 13:00~15:00
  テーマ:
   重度障害者「人工呼吸器をつけた重度障害者の在宅への道のり」 竹村 和花(香南市福祉事務所)
   障害児「個性が輝いた地域での夏休み」 小松 麻里(地域活動支援センターあけぼの)
   障害者の就労「目指せ!工賃UP」 田野岡 和美(就労支援施設フレンドリー)
【問合せ】 香南市福祉フォーラム実行委員会 (0887)57-8509

上記のほかにも、
展示コーナーでは、香南市の事業所紹介や福祉機器の展示販売、制度やサービスについての紹介。
喫茶相談コーナーでは、嚥下食試食や個別相談。
お菓子やお花などの販売もあります。

当日は、香南市ボランティアセンターの紹介でわたしも参加しますお時間のある方は、ぜひご参加ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。