上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05.28
あっという間に金曜今週は、1週間がかなりはやく感じました。
きのうは、香南市民生委員児童委員協議会の総会と研修会でした。
去年は、はじめてのことにバタバタと、今年は、2回目なので、すこしは落ち着いて当日を迎えることができるかなぁ・・・と思っていたのですが、開会寸前までやっぱりバタバタ
それでもおおきな問題もなく、ブジ終えることができたので、一安心です。
総会後の研修会では、し~さいど鎌倉の鎌倉和子さんと高知県地域福祉政策課から講師をお招きし、あったかふれあいセンターについてのお話をしていただきました。
昨年度から香南市でもあったかふれあいセンターを開設しており、民生委員さんにもお手伝いしていただいています。
県からのあったかふれあいセンターの概要や県内各所の取組みなどの説明のあと、高知市にてあったかふれあいセンターを開設されている鎌倉さんから取組みついての講演があり、みなさん熱心にお話を聞かれていました。

H22蟷エ蠎ヲ鬥吝漉蟶よー大鵠邱丈シ・030_convert_20100528152116     H22蟷エ蠎ヲ鬥吝漉蟶よー大鵠邱丈シ・019_convert_20100528151934

研修会のあとは、交流会
こういう会のとき、いつも民生委員さんは、笑わせてくれます
日頃の活動についてのお話から武勇伝や日常生活のこと、おとうさんはさみしいもんだよなんて話まで・・・
いろんなひとに会うのは、やっぱり楽しいなぁと思ったことです。
スポンサーサイト
2010.05.27
昨晩は、南国・香南・香美3市社協介護職員セミナーへ
3市の情報交換会の中で、介護職員の知識、技術の向上と交流を目的に研修をしようという話になり、開催することになりました。
きょうは、その第1回目
“ 社協の介護職員への期待・理念 ” と題し、漫画家のくさか里樹さんと身体障害者療護施設オイコニアの野村清司さんの対談。
心に響くコトバ満載の1時間半でした。
社協とその他の法人がおこなう介護保険事業とのちがいは何か・・・
社協には、地域とのネットワークがある!!
たとえば・・・
ヘルパーさんが訪問先で業務外のことを頼まれた。ヘルパーさんは、それをしてあげたい。でも介護保険で決められたこと以外はしてはいけない。さて、どうする??
そこで、社協のネットワークの出番
地域のネットワークを活かして、その困りごとのお手伝いしてくれるひとを探せばいい。
それができるのは、 “ 社協の強み ” と野村さんがおっしゃっていました。
社協のおもしろいところは、いろんなひとに会える!!ってことやなぁと思います。
それがいろんな場面でつながるっていうのは、もっとおもしろいなぁって
帰りに香美市社協のよこやまさんと近況報告をしながら、きょうの研修で心に残ったことを言い合ったり・・・
こうやって、他の社協の方とお話できるってことも社協の楽しいところやなぁと思いました。
2010.05.21
やたら仕事の夢をみた1週間しかも失敗する夢ばかり・・・
なにか不安だったんでしょうか・・・気付かぬところでキモチがまいっていたんでしょうかね・・・
強靭な精神力を身につける方法を知りたいです。
今週は、総会やなにやら会議がいっぱいの1週間でした。
ブジ、おおきな失敗もなく終えることができ、一安心
こういう会のときには、いつも思うのですが、いろんなひとに支えられているなぁ・・・と心強くなります
きょうは、こまったときには相談にのってくれるひとがいっぱいおるんや!!ってことを再確認し、ちょっとゲンキを取り戻した1日でした。
2010.05.14
きょうは、社協監査の日でした。
朝から社協内がバタバタと・・・なんだか殺気立っていたので、わたしは香美市社協へ
決して香美市社協へ逃げたのではなく、来月JA土佐香美と香美市と香南市の民生委員児童委員協議会が見守り協定を結ぶことになり、その締結式のことでいろいろとお話をしたかったので、徳弘局長を訪ねておじゃましてきました。
見守り協定は、昨年度、JA高知グループと高知県民生委員児童委員協議会が地域の見守りに対する協力体制を強化していくことを目的に締結したもので、それを受け、各市町村単位でJAと民児協とが協定を結ぶ動きとなっています。
香美市と香南市は、おなじJA土佐香美の管轄地域そこで、今回、いっしょに協定を締結することとなりました。
協定を結ぶだけでおわりではなく、これを機に地域の困りごとの早期発見につながるといいなぁと思います
協定のお話をしながら、徳弘さんとひさしぶりにすこしお話をしたのですが、なんでもとらえ方、考え方によってかわるものだなぁ・・・と思うことがあり、ナルホド~!!と思いながら、そして徳弘さんの “ 職場は、家庭といっしょ!! ” という名言?!について考えながら帰りました
2010.05.13
今週は、あったかふれあいセンター各所でこいのぼり運動会が開かれています
利用者さんに運動会のおしらせをしたところ、 “ 走るかね?! ” “ きれいにしていかないかんかね?! ” と、なんともやる気まんまんの声があがったそうです
あしたは、最終日。応援しにいかねば・・・
きょうは、のいちのグループホームへ
ボランティアご希望の方がさいきん香南市へおひっこしされたばかりということで、受入れ先のグループホームへいっしょに行くことに・・・8ヶ月のコドモさんのママさんということで、コドモさんもいっしょにおじゃましてきました。
かわいいお客さんに入居者さんは、もちろん、スタッフの方もメロメロ(笑)
お昼寝していた方が起きたり、みなさん急におしゃべりになったり・・・そこにおるだけでいい!!っていうコドモの存在感ってすごいなぁと思いました
きょういっしょにグループホームへ行ったこの方、知りあいのいないところへひっこしてきて、どうやって知り合いを増やそう・・・と思っているときに広報を見て、ボランティアをしよう!!と思ったとおっしゃっていました。
なんだかお役に立てたみたいでうれしいですね
なにより、ボランティアをして知り合いを増やそうってステキやなぁ・・・と思いました。
2010.05.12
ひさしぶりにすっきり快晴暑くなりました。
午後から、キャラバンメイト連絡会のため、のいちへ
キャラバンメイトとは、認知症サポーターを養成するため、認知症に対する正しい知識と具体的な対応方法などを地域の方に伝える講師役のこと。
認知症について理解し、認知症のひとやその家族をあたたかく見守り、支援する認知症サポーターを全国で100万人を目標に養成し、全国で ” 認知症になっても安心して暮らせるまち ” を市民の手によりつくっていくことをめざしています。
きょうは、香南市内のキャラバンメイトさんの連絡会。ちなみに、わたしもキャラバンメイトです
昨年度あたらしくキャラバンメイトとなった方のために、認知症サポーター養成講座実施の流れの説明や今年度すでに依頼がきている講座への講師役を決めたり・・・
みなさん、かなり積極的で、やっぱり “ 自分の住んでる地区は、自分が!! ” というキモチがおっきいようです
連絡会終了後、キャラバンメイトの窓口となっている香南市包括支援センター大原さんに、“ わたしも講座やりたい・・・ ” とボソリ。
“ なんで会の中で言わんの~ ” と言われながら、ちょっと先、秋と冬に2講座を担当することになりました。楽しみ
この認知症サポーター養成講座、学校で開けたら楽しいなぁ・・・なんて考えています。
2010.05.11
きょうは、香南市社協職員向けに災害ボランティアセンター体制づくりの勉強会を開きました。
講師は、高知県ボランティア・NPOセンター所長の間さんと北村さん
今年度、災害ボランティアセンター体制づくり事業をおこなうにあたって、職員みんなに “ 災害ボランティアセンターとは、どういうものか?なにを目的として、どのように運営するのか? ” などを理解してもらい、みんなで協力してこの事業をすすめていきたいと思い、お二人にお越しいただきました
まずは、“ 災害発生!!あなたはどうする? ” 10秒後、100秒後、10分後・・・1日後、10日後の自分の行動とまわりの状況をワークシートに記入。
記入後に、チラリと発表・・・
思いのほか、みんな仕事のことを考えた内容が多かったので、オドロキ
わたしは、基本的には、パニックであわあわ・・・そして、家に帰れずこまる。家族に電話したい・・・なにが起こったか確認。近隣社協に電話したい・・・こんな感じで、頼りない性格まるだしの解答。
続いて、間所長から、チームワークや社協に求められるものなどのお話と災害ボラセンの概要の説明。
かなりわかりやすく説明してくださったので、みんなイメージしやすかったんじゃないかなぁ・・・と。
間さん、北村さん、お忙しい中ありがとうございました
体制づくりの前に社協内で検討しておくべきことがたくさんあることや、ワークシートのとおり、今のままでは自分があわあわするであろうことがわかり、しっかりとイメージを持っておかんといかんなぁ・・・といまさらながらに思ったことです。
あわあわしない災害ボランティアセンターを立上げるために、いろんな方にご協力いただいて、体制づくりをすすめていきたいと思います!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。