上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02.28
2月26、27日と、 “ とさっ子タウン ” に参加してきました
すこしキンチョウしながら行ってみると、会場の競輪場が “ まち ” に!!
なにがなにやら・・・というかんじのまま、こどもたちに仕事をおしえてくれる専門家さんの受付をお手伝い。
続々と、オトナたちが来る中、わたしが担当する警察の方々も到着。
こ、こわい・・・顔がこわい・・・
いっしょに受付をしていた方と、 “ 職業によって顔つきや雰囲気がそうなってくるのかなぁ・・・ ” なんて話をしつつ、 “ 去年、警察のひと、かっこよかったよ~!! ” と言っていた事務局の方をすこし恨みました(笑)
なんて、 “ りょうま交番 ” の狭い空間で、いっしょに過ごしてみると、意外と楽しく話ができるようになるもので・・・
こどもたちに仕事をおしえる姿は、やさしかったり、かっこよかったり・・・
でも、やっぱり顔は、こわかったり・・・(笑)

  DSCF1179_convert_20110228093152.jpg   DSCF1183_convert_20110228093242.jpg
     パトロール中、盗難自転車を発見!!       盗難自転車から犯人の指紋を採取します。
           書類の作成中。

  DSCF1185_convert_20110228093334.jpg   DSCF1206_convert_20110228094310.jpg
      放送局からの取材を受けたり・・・             向かいのナースセンターにて・・・
                                      練習で・・・と頼まれ、検診を受けたり・・・

交番の仕事や様子は、こんなかんじ
あとは、大量に届く落し物をあずかったり、返したり、放送局にお願いして、落とし主を探してもらったり・・・

空いている時間に、近所をすこしウロウロと・・・

  DSCF1189_convert_20110228093449.jpg   DSCF1199_convert_20110228093930.jpg
         向かいの消防署              おとなりの銀行常に、いそがしそうです。

  DSCF1195_convert_20110228093835.jpg   DSCF1201_convert_20110228094024.jpg
   ナースセンターホンモノのテレビ取材中。      スーパーマーケットかなり混んでます。

  DSCF1210_convert_20110228094403.jpg   DSCF1218_convert_20110228094555.jpg
       こんな遊びもはし拳道場                   とさっ子タウン市長と
                                        高知県知事と高知市長との対談

こどもたちとなんでもない話をすることが楽しかったり、交番に来たこどもたちが制服を来てはずかそうにする様子がかわいかったり、道行くこどもがスタッフに、 “ イケメンや!!嵐に入れるで! ” とか言って笑わせてくれたり、そんなこどもたちの様子を見て、スタッフや専門家のひとたちと笑ったり話したり・・・
とにかくすごくすごく楽しくて、とさっ子タウンがかなりすきになりました
なにより、警察の方に “ いい担当さんでよかったです!! ” と言われたことがかなりうれしくて、顔はこわいけど、いいひとたちや!!と思いました。
さいごの片付けは、なかなかキツく、学生のようには動けない・・・なんて、かなしいけれど年齢を感じたりと、身体的疲労は、かなりあったけど、また来年関わることができたら、たのしいなぁと思います!!
スポンサーサイト
2011.02.25
いつの間にか、すっかり春みたいな気候
この陽気のおかげか、この数日いろんなひとにネガティブなココロを思いっきり外に出したおかげか、きょうが金曜日であるおかげか、嫌な波から脱しようとしているような、してないような・・・
そんな煮え切らんかんじでも、ただ、なにより、あした、あさってと、高知市りょうまスタジアムで開催される “ とさっ子タウン ” のお手伝いをさせていただくことがかなり楽しみなわけで・・・
とさっ子タウンは、10~15歳のこどもを対象に、こどもたちが運営するまちで、市役所やハローワーク、銀行、新聞社や飲食店など・・・いろんな仕事をこどもたちがそれぞれの専門家から教わりながら体験したり、市長選などの政治、都市運営することを通して、こどもたちが協力しあいながら、 “ 自分たちで、まちをつくることができる、変えることができる ” ということを体験してもらうイベントで、
体験の中から、こどもたちが社会の仕組みを知り、ひとりひとりがどのような権利や責任を果たすのかを感じてもらうこと、現実のまちの運営や社会の仕組みに関心を持ってもらうことを目的としているそうです
と、お手伝いさせてもらうことが決まったときに、市民活動サポートセンターの方に説明していただきました(笑)
とさっ子タウンでは、こどもたちがハローワークで求人を見て、仕事を選んで、働いて、お給料をもらって、税金を納めて、お給料をまちで使ったり・・・
まちには、ホームセンターやスーパー、写真屋さんなど身近なお店から、建築デザイナーやマンガ家がいたり、郵便局も消防署も・・・暮らしの中で必要な、というかそれ以上に、充実したまちで、案内図を見せていただいたときに、 “ 大都市ですね~!! ” と言ってしまうような、そんな楽しげなまちです
わたしは、 “ とさっ子タウン警察署~りょうま交番~ ” をお手伝いさせていただくのですが、ほんとにちいさなことでもいいから、こどもたちの気付きのお手伝いができたら、うれしいなぁ・・・なんて思っているのと、こどもたちや学生ボランティアさんとなかよくはしゃげたらいいなぁ・・・なんて思っています
そして、ホンモノの警察官の方にお会いするのも楽しみです(笑)
2011.02.23
秋にキャラバンメイトデビューを果たして以来、ひさしぶりに、認知症サポーター養成講座でお話をしてきました
場所は、香南市社協すぐ近くの集会所、清水八反すみれ会といって、体操をしたり、おしゃべりをしたり、にぎやかな集まりの場です。
やはり話がヘタなわたし、ボロボロといろんなことを落としながら、 “ 認知症ってどんな病気? ” “ 認知症本人の気持ち ” “ 家族の気持ち ” “ 認知症サポーターにできること ” をお話させてもらいました
みなさん、やはり認知症に関心があるようで、はじまる前から、 “ 認知症になったらどうしよう・・・ ” “ さいきん物忘れが多くて、家族に怒られるがやき(笑) ” など、お隣同士いろいろとお話されていました。
が、話がおわり、質問を含めて、みんなで自由にお話する中で、 “ 認知症になりたくてなるひとは、おらんがやもんね ” “ みんなが思いやりを持って、接したらいいがやね ” “ 認知症にならんために、この集まりを続けないかんね ” など、認知症に対する理解が得られた反応が続々で、かなりうれしくなりました
それも、ボロボロ落としながら話したあとを丁寧にわかりやすくお話してくれた包括支援センターの大原さんのおかげです(笑)
帰りに、会員さんがおうちでつくったという、ものすごぉく立派なダイコンをおみやげにいただきました。
わぁいと言っても、ひとり暮らしのわたし・・・ダイコン1本も消化できないので、職場へのおみやげに・・・
前回ののいちでは、こちらもおうちでつくっているというドラゴンフルーツとパイナップル、今回は、ダイコンのおみやげ付き
認知症サポーター講座は、かなりたのしい!!(笑)
2011.02.18
午後から、夜須へ
公共ホール音楽活性化事業の地域交流プログラムということで、あったかふれあいセンターの利用者さんを対象に、サクソフォン奏者の大石将紀さんの演奏があったので、すこしおじゃましてきました。
きょうまでに、絵金蔵や教育支援センター森田村塾などいろいろまわったそうです。
で、これがめちゃめちゃかっこよかったんですよね~
クラシックはもちろん、去年の大河ドラマ龍馬伝のテーマや昔懐かしい童謡なんかの演奏もあり、なかでも、童謡ふるさとの演奏がはじまったときには、みんなが口ずさみ始めたので、なんだか感動してしまって・・・泣きそうになってしまいました。
さいごに、あったかの利用者さんがよく歌っているという “ お富さん ” の演奏があり、みんなで歌ったのですが、お富さん、めちゃめちゃオシャレになってました(笑)
音楽って、ステキと、かなりココロを奪われました。
カメラ、持っていけばよかった・・・
2011.02.17
“ おがわさんのゲンキのバロメーターのブログが更新してないので、心配してます ” と、だいすきなイワモトさん(しつこいですか?!)に言われたので、更新します(笑)
ちなみに、イワモトさんの予想どおり、バロメーターは、下がりっぱなし・・・
学生の頃、担任の先生が “ いやな波の時期って、来そうになったら、わかるよね~!!そのあとは、いい波が来るがやけどね~ ” って、言うてたのをふいに思い出したり・・・
今月は、災害ボランティアセンター中核スタッフ研修に参加したり、香南市の災害体制づくり検討会に、うっかりカゼをひいて出られなかったり、来春本格活動を目標に、体験活動中の傾聴ボランティアグループの取材に来てもらって、みんなではしゃいだり、ちょっと澄ましてみたり(笑)、社協一大イベントの社会福祉大会で、ひさしぶりのスーツがキツかったり、南国・香美・香南で地域活動をしているひとがたくさん参加した地域ケアシンポジウムの分科会がすごく楽しかったり、連休に、親友とうどん食べに香川に行ってみたら雪で、落ちまくっていたテンションがあがったり・・・
ざっくりと、そんな2週間でした
災害ボランティアセンター中核スタッフ研修は、すごく内容の濃い2日間で、なかでも、時系列カードワーク(時間の経過ごとに、被災地の状況、被災者の状況、社会福祉協議会の行動のそれぞれを考える)では、時間ごとの被災者の状況や社協が取るべき行動のイメージがわいたけれど、正直、やることが多すぎて、すごくすごくタイヘンやね・・・と、グループ内で話したことでした。
研修の内容もちろん濃かったのですが、それよりも、講師のひとり、防府市社協の河村局長の印象がめちゃめちゃ残っていて・・・
すごくよくしゃべる、とにかくよくしゃべる方で、休憩中も、 “ おがわさんの職場は、どんなとこ?? ” と聞かれたかと思うと、いつの間にか河村局長の話になっていたり、グループワーク中も、そばに来ては、いろいろお話しては去っていき、ふいに見ると、また別のグループで楽しそうにお話し・・・という、なんというか、ステキな方でした
地域ケアシンポジウムのことも書きたいけれど、長くなるので、またこんど・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。