上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.27
梅雨に入ったらしいです
雨が続くせいか、金曜ですこしつかれてしまっているせいか、いまいちココロがぱっとしません。
さいきん、すこしのことでイライラするし・・・
たとえば、職場のひとの無駄口とか、無駄口とか、無駄口とか・・・
なんてココに書くのは、きっとまずいんだろうけど、イライラしているので、書いてしまいます
キブンが乗らないときは、なにをやってもダメなもので、今年度予定している、県社協の助成事業の “ 地域のボランティアコーディネーション機能強化事業 ” の事業計画書を書こうとしているのだけれど、なんらむずかしいことはないのに、ぜんぜん上手に書けなくて・・・
集中できない自分に、またイラッ
ボランティアコーディネーション強化事業は、地域のボランティア活動を活性化するために、コーディネーション体制をつくろうというもので、昨年度の災害ボランティアセンター体制づくりに引き続き、いろんな団体さんや地域の方とのネットーワークが増えるきっかけになりそうです
今年度は、夏に、包括支援センターといっしょに介護予防ボランティア講座を開催したり、のいちにあるポリテクカレッジでボランティア学習をしたり、南国香南香美保険医療福祉推進会議普及部会の中で、3市でのボランティア情報共有の仕組みづくりのことも話題に出ているので、ちょうどよかったかなぁ・・・って。
土日ゆっくり休んで、また来週からちゃんと頑張ろうっと
今晩は、ライオンズクラブ土佐香南のチャリティビアパーティ。
どんな方が来るんでしょうか・・・楽しみです
スポンサーサイト
2011.05.19
来月、通所授産施設香南くろしお園が利用者さんや地域の方を対象に防災学習を開催するそうです。
その中で、炊き出しをしてみようという計画があり、きょうは、そのことで、ボランティアさんとの打ち合わせ
東日本大震災による津波警報で、香南くろしお園の利用者さんも避難されていたそうで、利用者さんから、 “ 南海地震が来たときに、自分たちは、どうやって自分の身を守ったらいいがやろう ” という声があがり、今回の防災学習につながったそうです
当日は、香南市防災対策課から、地震がおきて最初にすることや避難場所の確認、支援機関や地域での協力体制のこと、地震の備えなどについて、みんながイメージしやすいようにお話してもらって、そのあと、炊き出し体験
東日本大震災をきっかけに、たくさんのひとが災害について、また災害時、自身を守るためにどうすればいいのかを考えているんだなぁ・・・って。
海がすぐそこの職場で働くわたしも、というか、わたしだけじゃなくて、職場内で、勤務中に災害が発生したときのこと、ちゃんと考えておかないといけないけど、みんなどう思ってるんだろう・・・
災害発生時、瞬時に判断、決断できる力があるかどうか・・・なんて言ってるうちは、ダメなんだろうなぁ・・・
2011.05.18
香南市にポリテクカレッジってとこがあって、エレクトロニクス技術や通信ネットワーク技術、コンピュータと融合して機器を活用する機械技術とやらを学べるらしいです。
高校から大学まで、ずーっと文系のわたしには、学校説明を聞いても、 “ ??? ” というかんじで、縁遠いところなのですが、そこから、 “ 授業でボランティアについて学ぶ時間を持ちたい ” との相談があり、お話を伺いにおじゃましてきました
課外授業で、工場見学をしたり、卒業生のお話を聞いたり・・・その中に、今年度はじめて、ボランティアについての授業を取り入れることになったそうです
先生のお話では、さいきんの若い学生さんを見ていて、人とのつながりが希薄になっていたり、コミュニケーション力に乏しいと感じることがあるそうで、ボランティア活動を通して、 “ 人と人との絆を感じてほしい ” とのことでした。
また、普段接することのない高齢者とのふれあいを希望されていて、(なんで高齢者限定なんやろ・・・とは思ったけど、ま、いいか!!)講義+体験の2日間計5時間を自由に使ってくださいとの依頼でした。
楽しみな反面、ボランティアに興味のある学生さんがどれくらいいるのかわからないから、ちょっと不安
寝られたら、さみしい・・・とか、おもんないわ!!とか言われたら、かなしい・・・とかネガなココロがムクムク・・・
なんて、これまで社会教育的なお仕事をしていたという心強い職員が今春から、うちの社協にいたことに気付き、カノジョにアイスブレイクをいっぱい習って、打ち解けあえるように、ちょびっとでも興味を持ってもらえるようにしたいなぁって思います
2011.05.11
東日本大震災から2ヵ月。
さいきん、父から被災地のお友だちの状況を聞かないなぁ・・・と思っていたきょう、父からお友だちの近況を知らせるメールが
おとうさんタイミングがいいね!!というか、通じ合ってるね!!なんて思ったことでした(笑)
父の話によると、電気は復旧、水は自宅の地下水をモーターで汲みあげて使用し、いま大工さんにお願いして自宅を大修繕中とのことでした。
復興は、まだまだ遠いということばかり耳にしていたので、ごく一部の地域、ごく一部のひとの状況なのだけど、すこしずつ状況が変わっているんだなぁ・・・と、うれしく思いました
その方が避難所生活をしていたとき、石油ストーブや携帯ラジオがほしいと言っていたことがあり、父がいろんなお店に電話をしたり、見てまわったのだけれど、どこにもなくて・・・誰か譲ってくれるひとはおらんろうかねぇ・・・と悲しそうにポツリ
あんまり落ち込んでいたので、わたしの友だちや知り合いにお願いメールをしまくったことがありました。
なかなかないやろなぁ・・・と思っていたのだけれど、連絡をしたその晩に、2人が石油ストーブを譲ってくれると返信をくれて、ブジ、被災地の父のお友だちのもとに届けることができました
そのストーブのひとつは、知り合いがわたしからのメールをお友だちに転送し、それを受けたお友だちがまたそれを転送し・・・というかたちで、わたしが連絡したひとの直接の知り合いではないひとから、譲っていただいたもので、 “ つながりってすごいねぇ。ぜんぜん知らないひとから、譲ってもらえるなんてねぇ。 ” と、話をしたことでした。
そのストーブは、避難所で大活躍やったそうで、先日の電話でもしきりにお礼を言ってくださったそうです。
おかばやしさん、かたおかさん、ほんとにほんとにありがとう!!

2011.05.10
ゴールデンウィークもおわり、すっかりあったかく、というか、暑いっ
きょうは、傾聴ボランティアひまわりの定例会の日。
香南市内のキャラバンメイトの意見交換会と重なったことで、そちらへ出席される方や “ お茶摘みがいそがしくて・・・ ” という方がいて、わたしを含め4名の参加。
今月の予定の確認と活動で困ったことやこれからのことを話合い、その後、日常のことなんかも話題に出て、にぎやかに過ごしました
いまは、施設での傾聴が主な活動。
きょうメンバーさんから、 “ ほんとにほんとに傾聴ボランティアが必要なひとって在宅にいるんだと思う ” という話が出て、ヨシヨシと思いました
ひまわり立ち上げのとき、 “ まずは、施設からはじめて、慣れてきたら、在宅の方の傾聴をしていきたいね!! ” という話をみんなでしたのだけど、こんなにはやく、しかもメンバーさんから、そんな話が出るとは思っていなかったので、すこしびっくり、それ以上に頼もしく、うれしく思いました
立ち上げから3ヶ月、少しずつ活動の場を広げようとしています。
みんなの負担にならないように、メンバーを増やすことも考えないといけないねぇ・・・と話して、きょうのところは解散です。
相手の話をただじっくり聴く。
すごくシンプルなことだけど、すごく深いことやと思います。
話を聴いてもらうことで、キモチが軽くなるからフシギやなぁって、傾聴のチカラってすごい!!と思います。
さいきん、いつ、どのメンバーさんに、わたしの話を聴いてもらおうかなぁ・・・なんて思っています(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。