上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.12
午後から主任児童委員さんの連絡会
香南市内各町に2名ずつ、計10名、児童やその家庭などの見守りをする主任児童委員さんがいます。
研修なんかで顔を合わせることは、よくありますが、みんなで集まって思う存分話をする機会は多くなく、年に数回、近況報告や困っていること、各民児協の取り組みなんかを情報交換しています。
今年度は、きょうが1回目
困っている事例をあげながら、かなり話が盛り上がりました。
例えば、 “ 地域の関係者が入りやすい家庭って、最近は、少ないよね・・・ ” という話。
外から見れば、問題があるように見える家庭。
子どもにとって、おかあさんにとって、よい環境に改善したいと思ってアドバイスをするけれど、おかあさんは、なんにも問題だと思っていない。
問題だと思っていないということは、それ以上ムリに踏み込むことがむずかしくなる。
徐々に関係を深めていき、専門的に関わることができるようになったとしても、その頃には、保育や幼稚から学校にあがっている。そうなると、問題の改善までに、さらに時間がかかるようになる。
でも、急速に信頼関係を築くのは、むずかしいこと。
保育や幼稚の相談員さんや先生と連携を持つことはもちろん、話を聞いたり、行事に参加することで徐々に保護者とのつながりを深めていくことがやっぱりいちばんなのかなぁ・・・という結論に・・・
なにがいいのか、どう関わることがいいのか、いま答えをを出すことってできないのかもしれないなぁ・・・なんて思ったり・・・
ひとと問題を前に深く関わるというのは、むずかしいことやと思います。
他にも、ほんとにいろんな話で盛り上がったのですが、長くなるので、このへんで・・・
なんの話からか、さいごは、主任児童委員さんの子どもの頃の話で大盛り上がりして、大笑いして解散しました
パワフルな女性陣+男性1名の主任児童委員さんです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://vcgenki.blog20.fc2.com/tb.php/147-3cd7853d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。