上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12.14
午後から、のいちの民生児童委員さんと香南市の教育支援センター森田村塾へ
のいちの主任児童委員さんのひとりがスクールソーシャルワーカーをしていて、森田村塾のことや香南市内の不登校の子どもたちのことを知ってほしいということで、おじゃますることになりました。
施設での過ごし方や通っている子どもたちにある背景、スクールソーシャルワーカーの仕事について、事例を入れながらお話していただいたりと、すごく勉強になりました。
森田村塾に通っている子は、発達障害や情緒障害のような自分自身の障害などが原因で、学校に通うことが難しくなったのかなぁ・・・と思っていたのだけど、それだけじゃなくて、家庭環境(例えば、親の育児能力が乏しいことや親が子を学校に通わせたくないなど)が原因で学校に通うことが難しい子も多くいるという話を聞いて、少しびっくり。
ひとりひとりいろんな背景があって、まずは、それをしっかり見てあげることが大切なんやなぁ・・・って話を聞いて思いました。
あと、子どもの支援だけじゃなくて、同時に、親の悩みを聞いたり、解決のために一緒に考えることも大切な役割になっているんだなぁ・・・って。

DSCF3578_convert_20111214155703.jpg   DSCF3584_convert_20111214155735.jpg
  雨漏り(!!)がするという施設内を見学。     畑作業や調理、山へ、いろんな活動をしています。

ちなみに、のいちの民生児童委員さんは、月に数回、森田村塾へお昼ごはんを作りに行っています
野菜が食べられなかった子が食べられるようになったりと、うれしい変化も見られるそうです
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://vcgenki.blog20.fc2.com/tb.php/242-aa95d975
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。