上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.25
きょうは、午後から “高知発地域福祉実践研究会” へ参加のためふくし交流プラザへ
今回のテーマは、 “住民主体の見守り活動の仕組みづくりと支援”
香美市と北川村の取組みについて事例発表があり、その後、参加者の地域での取組みについて意見を出し合いました。
地域の見守り活動において、やっぱり民生委員さんは欠かせん存在です
われわれ社協も、見守りだけでなく、あらゆる地域活動において民生委員さんにお願いすることが多々あります。
ただ、どこまで民生委員さんにお願いしていいのか、負担とならないかをもっと社協や行政は考えていくべきやなぁと感じてました。いつも困ったことがあると頼り、助けてもらっていますが、本当はもっと民生委員さんからの声も聞かんといかんがですよね・・・
仕事をするなかで身近に感じる民生委員さん。しかし、はずかしながら、わたしは自分の住む地域の民生委員さんを知りません・・・
そんなひとって結構いるんじゃないでしょうか??
きょうの会には、県社協に来ている学生さんも参加されていたのですが、その中のひとりが「自分の住むまちに社協があることを知らなかった」と感想を・・・衝撃的発言デシタ
社協、ありますもっと社協をアピールしていかんとなぁ・・・と思ったことです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://vcgenki.blog20.fc2.com/tb.php/46-1cdf8083
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。