上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.14
きょうは午前中、赤い羽根共同募金の受付のため、のいちふれあいセンターへ
午前中は、来られる方も少なく、静かに過ごしました。
きのう参加したキャラバンメイト養成研修の見直しをしたり、来月予定の野市町民生委員児童委員協議会 視察研修の案内や依頼文書を作成したり。
さて、きのう参加したキャラバンメイト養成研修のお話をすこし・・・
午前は、認知症についての学習と、グループホーム職員の方の事例を交えながら、対応についてのお話。学生の頃、こんなふうに認知症について学んだなぁと思いながら、種類と症状について曖昧になっている自分に気付き、記憶の容量のちびっこさに落胆
午後からは、グループワーク。実際に認知症サポーター養成講座の企画を
企画する際、“誰を対象におこなうのか、その対象によって学んでほしいことがちがってくる”というお話を聞いて、ポイントを見極めるって大切なことやなぁと、改めて感じました。
それって福祉教育や、いろんな研修にも繋がることですよね。
何を感じて、何を得るのか、それをどんなふうに活かしていくのか、目的をしっかり持つことで次へ進む道ができるんやなぁと。
ブジ研修が終了し、中央東福祉保健所 濱田さんから、“これで晴れてサポーター養成講座開けるね~”と言われ、ニヤッと、うれしくなりました
ひとりでは不安なので、きょういっしょにキャラバンメイトとなった香南市包括の大原さんと、なにかいっしょにできたら楽しいなぁ♪♪と、思案しております。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://vcgenki.blog20.fc2.com/tb.php/64-d0345feb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。